2012/05/30

戸練さんの重ね煮教室

 27日に戸練さんの重ね意教室に参加しました。
毎回とっても楽しみで、午前のクラスはお豆の重ね煮でした。

シイタケ、ヒジキ、お豆3種(ひよこ豆、金時豆、黒豆)、さつまいも、玉ねぎ、にんじん、ごぼうの順番。

みんなコロコロ切りで、切っているうちからなんだかかわいい。

出来上がりは予想通り、さつまいもがホクホクで一緒にさんかした息子も、待ちきれずつまみぐい。

コロッケ、スープ、渦巻きパン、カッテージチーズと和えたサラダのアレンジ。

渦巻きパンは、手軽にできるベーキングパウダーを使ったもの。

フライパンで焼いて、こんがりおいしくできました。

この重ね煮は、一気に食物繊維とミネラルがしっかりとれるので、かなり家で活躍しそうです。


午後のクラスは、ドクターでもある鶴先生のワークショップ。
シュタイナーのバイオグラフィックのワークショップでしたが、食をテーマに絵を書いて、自分の心を掘り下げていきます。

自分でもびっくりするほど絵を描いているときに過去にタイムスリップして、忘れたことを思い出し、小さいころの感情があふれてきました。
最後には喜び、感謝の気持ちで涙が出てきました。

シュタイナーでいう、人生の節目に起こることは困難なことだとしても、全く心配することではなくて、自分が成長していくために起こっていることということを、マクロビオティックの創始者である桜沢先生のバイオグラフィックを参考に、鶴先生が教えてくださいました。

桜沢先生の人生はすごかった。これを書くとまた長くなるので書きませんが、ものすごく充実した人生を送られている。

私も、人の目や、世間体を第一に考えるのではなくて、自分が感じたことを素直に受け止めて楽しんでいきたいと心のそこから思いました。

5月に入って、いろいろとあり、まだすこしバタバタとしていますが、焦らずに自分らしく進んでいきたいな~っと思う今日この頃です。



*お知らせ*

6月8日の明石での戸練さんの会、少し空きがあります。
今回は実践編なので、ご都合が合う方はぜひぜひご参加ください!

コメント

非公開コメント